女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

軽くて美味しくて止まらないフリット、またまたやってみました!

しっかりした天ぷらやかき揚げもとっても美味しいですが、家で、自分で作って食べる、となると、衣が軽いもので、いっぱい食べても罪悪感がないもの、というのがとってもありがたいです。

そう、食いしん坊は、ちょこっと、ではなくて、いろいろたくさん食べたいので、軽い味わいがいいのです。

いろんなレシピを見て作ってはいましたが、先日、見つけたフリット衣が今のところ一番軽くて美味しい。

前回も、またすぐやりたいなぁと思っていて、先日、2回目、やってしまいました。

軽くて美味しくてとまらないフリット、またまたやってみました!

材料

赤海老

今回、お刺身用の赤海老が安く売っていたので、それを買ってきて、揚げることにしました。(赤海老って大きいのに安いですよね。)

頭の部分は、お出汁をとってお味噌汁にしましたが、海老のお出汁がしっかり出て、それもとっても美味しかったです。

野菜と魚

野菜は、家にあった野菜で、揚げたら美味しそうなものをいろいろ。

あとは、鶏ささみと鮭とさわらも用意しました。

フリット衣

小麦粉(薄力粉)40g

片栗粉 10g

ベーキングパウダー 小さじ1/2

水 大さじ4

油 大さじ1/2

 

基本の量は、こんな感じなのですが、今回の素材の量を見て、3倍で作りました。

そして、油ですが、本当は普通のサラダ油で良いと思うのですが、香を楽しみたくて、胡麻油にしてみました。

揚げます。

フリット衣を素材のまわりにまとわせて、180℃の油の中に入れていきます。

主人が揚げるのは綺麗ですが、私だと、どうも・・・。

でも、衣がまんべんなく、ではなく、偏っていても気にしない、軽いので大丈夫、と思って揚げます。

 

揚がりました!

ね、なんだか変な形ですよね。

でも、とっても美味しいのです。

 

 

どんどん食べて、どんどん揚げて、お酒を飲みながらやっているので、よりいびつになっていきます。

 

そして、最後の方は、胡麻油のせいか、ちょっといい色がついてきました。

 

感想

今回も、揚げたてをお塩や、甘いたれ(主人が作る天丼用のたれ)でいただきましたが、どれも本当に軽くて、「美味しい!」を連発してしまうほどなのです。

衣のサクサク感を味わえるのもいいですし(本当に音が聞こえます)、素材の美味しさをひきたててくれる衣のように思えます。

今度、ホームパーティの時などにもやってみたいなぁと思います。

きっと揚げたての美味しさに感動して、衣の軽さ、美味しさにびっくりしてもらえると思うので。

 

前回は、こんな感じでした。

www.madameokami.net