女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

静岡の開運の秋のお酒ひやおろしは、温度が大切と改めて気付かされたお酒です。

秋は、秋のお酒ひやおろしや秋あがりがあって、日本酒ファンにはたまらない季節。

うちのお店でも毎日のように、皆さんにお楽しみ戴いていますが、今日は、名前もめだたいそして美味しいお酒、開運のひやおろしについて書いてみたいと思います。

開運 純米 ひやおろし

 

静岡県掛川市の土井酒造場さんの開運 純米 ひやおろし

瓶の後ろのラベルはなくて、この脇の部分に、山田錦100%使用と書いてあります。

 

飲んでみました。

味わい

軽やかな甘みを感じますが、お酒の丸み、まろやかさを感じて美味しいです。

一緒に飲んだ主人は、梨のような香がする、と言っていました。

 

合わせてみた肴

ほうれん草としめじの塩炒め

シンプルに胡麻油と塩味の炒め物です。

これを食べて、お酒を飲むと、お酒が華やかに感じる、と思ったのですが、純米吟醸のような吟醸香はないので、お料理の味のシンプルさには、お酒のほうが強く感じるということかもしれません。

麻婆豆腐

昨日のブログに書いた麻婆豆腐です。

ピリリという辛みに、お酒を飲むと、口の中がか~っとなって、お酒が負けてしまう感じがしました。

ただ、びっくりだったのは、いろいろ食べて、もう一度、麻婆豆腐に戻ったとき、少しお料理の温度が落ち着いてきたとき(アツアツではなくなったとき)にまたお酒と合わせてみたら、お酒も負けないくらいにしっかり味わいを感じました。

鰹のたたき

今回、お醤油ではなく、ポン酢のようなたれでいただいたのですが、これ、一番、お酒に合いました。

お酢がよかったのでしょうか。お酒の美味しさをしっかり感じられて美味しかったです。

牡蠣のペースト

先日も登場した牡蠣のペーストです。

生姜をきかせているのですが、これを食べてからお酒を飲むと生姜の辛みをお酒が包み込んでくれるような感じで、やわらかく感じ、喉をす~っと通る感じがしました。

相性良いってことですね。

ミートローフ

先日のブログで書いたミートローフです。

ちょっと油っぽいお料理ですが、お酒を飲むと、さっぱりする感じがしました。

こういう組み合わせもいいですね。

スモークハム

スモークの香がするハムなのですが、これを食べてお酒を飲むと、キリリと感じて、両方、際立ってきた感じがします。

一緒に楽しむのにいい組み合わせのようです。

まとめ

全般的に結構お料理と合う美味しいお酒でした。

そして、はじめけんかしている、と思われた麻婆豆腐も、温度が落ち着いて、辛みも少し落ち着いてくると、しっかり両方美味しく味わえて、不思議でした。

お酒は、冷で飲むのとお燗で飲むので、味わいも違いますし、冷で飲んでいても、テーブルの上に置いておくと、お酒の温度も飲むごとにかわります。

ただ、今回、お酒の温度というより、お料理の温度でこんなにも感じ方が違うというのはびっくりしました。

ほんとお酒って楽しいです。そして美味しいですね。