女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

お気に入りのお豆腐でいつもの麻婆豆腐、作ってみました!

お豆腐というと、我が家では、あまり冷ややっこで食べることがないので、お鍋の時期のほうがよく買います。

あとは、もっぱら麻婆豆腐

たぶんちゃんと数えてみたら、一年で一番多いお豆腐料理が麻婆豆腐かも、と思います。

そんなお豆腐、たいしてこだわりはないのですが、何年も前から気に入っていて、みつけるとついつい買ってしまうものがあります。

今回、そのお豆腐で、いつもの麻婆豆腐を作ってみました。

お気に入りのお豆腐で、いつもの麻婆豆腐、作ってみました!

お気に入りのお豆腐

そう、この柚子入り豆腐です。

高いお豆腐じゃありません。こんなに大きくて(400g)¥200しないくらいなので。

ただ、はじめ、湯豆腐とかしたときに、柚子を感じられたら美味しいかも、と思い、買ってみて、それから何度も買っています。

そして、これ、不思議なことに、いつもいつも柚子の香がするわけではないんです。

何度か食べてみて、わかったのは、アツアツではいけないということ。

あっためて、アツアツから少しだけ冷めたほうが柚子の香がふわ~っとして美味しくなります。

今回は、そんなお豆腐で麻婆豆腐を作りました。

麻婆豆腐作り

いつもの麻婆豆腐です。

葱や香味野菜を炒めて、赤唐辛子、豆板醤、豆鼓醤も炒めて、香を出してから、豚挽肉を炒めます。

お豆腐は、いつものように、レンジで加熱して、水切りです。

鶏ガラスープ、醤油、紹興酒、オイスターソースを入れ、煮立ったら、そこへ、水切りした豆腐、そして、今回は、炒めておいた茄子も加えて、煮込みます。

最後、水溶き片栗粉でとろみをつけたら出来上がり

そう、いつもお豆腐は、細かく切ったりはしません。

そのまま入れて、大きめに崩しながら、火を入れていくのが好きです。

とろみをつけたら。

 

出来上がり!

ピリリとした麻婆豆腐ですが、ふわっと香る柚子が、なんだかマイルドにしてくれる感じがして、とても美味しかったです。

個人的に激辛のようなものは得意ではなくて、ピリ辛ぐらいが好きなので、辛いけれど、マイルドな部分もあるというのが、ちょうどいい感じがしました。

そして、アツアツすぎるとあまり柚子を感じないと書きましたが、火をつけているお鍋だと難しいのですが、出来上がりすぐのアツアツでも、こうやってお皿に盛り付けていただくと、今回は、ちゃんと柚子を感じて美味しかったです。

何も知らなくて食べた主人は、柚子胡椒入りの麻婆豆腐かと思ったみたいです。

おおっ!という感じですね。

今度は、またお鍋で楽しもうかな、と思っています。