女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

簡単パンレシピでピッツア焼いてみました!がピッツアはもともと簡単でした。

ずっとお休みしていたパン作り、最近、復活したのですが、それは本当にとっても簡単レシピを見つけたから。

そして、どれも基本同じ配合で、いろんなパンができるので、いろいろチャレンジしています。

今回は、久々にピッツアが食べたいなぁと思い、この簡単パンレシピで、ピッツア焼いてみました。

簡単パンレシピで、ピッツア焼いてみました!が、もともとピッツアは簡単でした。

そう、この簡単パンレシピは、一次発酵、二次発酵という感じではなく、成型したら、冷蔵庫で長時間寝かせておくだけ、というものなので、とっても手軽なのですが、今、考えたら、ピッツアって、二次発酵がいらないレシピも多いので、そういえばもともと簡単なのかもと今さら思いました。

ただ、もう焼いちゃったので、書いておきますね。

材料

強力粉 250g

ドライイースト 小さじ1

砂糖 大さじ1

塩 小さじ1

バター 5g

ぬるま湯 160cc

トマトソースや上にのせる具材、チーズ

手順

1.ボウルに粉類を入れて、ぬるま湯を加えたら、よく混ぜ、バターも入れて、よくこねます。

 表面が滑らかになるまでよくこねます。

 

2.これを2分割にして、丸めます。

 今回、小さいのを2枚、冷凍したかったので、2分割にして、1つは、さらに2分割しました。

 ぬれ布巾をかぶせて、10分寝かせます。

 

3.10分たったら、丸くのばして、フォークで生地に穴をあけます。

 ぬれ布巾をかぶせて、天板ごとビニール袋に入れて、冷蔵庫で1~14時間寝かせます。

 

4.小さい2枚も丸くのばして

フォークで生地に穴をあけて

こちらは、冷凍用にしたかったので、室温で2~3時間置いておきました。

そうしたら、こんな感じになったので

約200℃のオーブンで3分焼いて、冷めたら冷凍しておきました。

 

5.大きい方の生地は、一晩、冷蔵庫で寝かせたので、こんな感じです。

 上の室温で短時間のほうが、ふっくら膨らんでいることがわかります。

 

6.生地にトマトソース(今回は、パッサータをそのまま塗ってみました)を塗って、野菜などの具材、チーズをのせます。

 

7.200℃のオーブンで約12分焼きます。

 

焼き上がり!

少しふくらんで美味しく焼けました。

外側の生地がカリッとして美味しかったです。

次回の予定

朝、焼きたてを楽しむのに良いこのレシピですが、ピッツアの生地は、空焼きして、あとで具材をのっけて焼く、ということができるので、冷蔵庫発酵はあまり意味がないかなぁと思いました。

今回、室温で少し発酵させたものもいい感じだったので、次回から、ピッツアの場合、冷凍せず翌朝、焼きたてを食べるときも、室温で発酵させて空焼きしておいて、翌朝、具材をのっけて、本焼きしてみようと思いました。

やりながらひらめいたこともあり、やってみてひらめいたこともあり、こうやってブログに書くと、いろいろ整理できていいですね。(大げさですが)