女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

朝ごはんに焼き立てパンを食べられる幸せを勝ち取りました!

なんだか大げさな題名を書いてしまいましたが、まさに、勝ち取った!成功した!そんな気分で書いています。

もともとパンが大好きで、パン好きの方は殆ど皆さん、焼き立てパンに目がないと思うのですが、私も勿論、そう。

その焼き立てアツアツが味わいたくて、自分で作っているわけです。

(前に好きなパン屋さんに、朝一で行ったのに、並んでいるパンは焼き立てではないと言われ、かなりがっくりきました。)

ですが、朝ごはんに焼き立てを食べるとなると、かなり早起きしなくてはいけない、でも、できない・・・という悩みをかかえており、この度、実験してみましたが、成功しました!

 

f:id:madameokami:20200617171913j:plain

焼き立てパン

 

朝ごはんに焼き立てパンを食べる方法

 

今回、第一弾として、バケットを焼いてみました!

材料

強力粉 150g

砂糖   5g

塩    2.5g

ぬるま湯 100cc

インスタントドライイースト 1g

 

流れ

1.材料を混ぜて、こねる。こねあがりは、こんな感じ。

 これを夜のうちにやります。ラップをして、そのまま室温に

f:id:madameokami:20200617155757j:plain

こねあがり

 

2.1時間くらいして、少し大きくなったら、パンチして、また丸めます。

f:id:madameokami:20200617155919j:plain

少し大きくなった

 

3.そうしたら、これを冷蔵庫の野菜室に入れます。

 8時間以上、冷蔵庫で、ゆっくり発酵すると良いようです。

 

4.朝6時頃、起きたら、このように大きくなっていました。

f:id:madameokami:20200617160200j:plain

1次発酵

 真ん中におへそがあるのは、私のラップが甘くて、くっついてしまったからです。

f:id:madameokami:20200617160253j:plain

こういうこと

 

5.そのまま30分くらい室温に戻しておいて、分割します。

 15分くらい寝かせておいて(ベンチタイム)、成型します。

f:id:madameokami:20200617160418j:plain

成型

今回は、丸いのと、ちょっと長いのにしました。これが7時頃

 

6.室温で1時間くらい2次発酵します。

f:id:madameokami:20200617160509j:plain

二次発酵

 

7.クーペを入れて、霧吹きして、240℃で5分、230℃で9分焼いたらこんな感じに焼き上がりました! 

f:id:madameokami:20200617160757j:plain

焼き上がり!

 8時半の朝ごはんに、パリパリのバケットが登場となりました。

 

最後に

我が家の朝ごはんは、今、8時~8時半なので、この時間の再開ですが、普通のご家庭はもっと早いですよね。

早起きできないけど、焼き立てパンを朝ごはんに食べたいなら、ホームベーカリーにまかせる!というのが、正直、一番早いかもしれません。

我が家も昔は使っていたこともありますが、結構、音がすごかったのと、調子が悪くなって捨ててしまい、また手ごねに戻りました。

天然酵母だと冷蔵庫発酵もやったことがありますし、もともと発酵時間が長いので、夜のうちに発酵させてというのは、よくやりましたが、主人(板長)が、朝ごはんに食べるなら、軽い感じのパンが好きなので、やはり我が家の天然酵母パンは向きません。

なので、軽い焼き立てのバケットを朝ご飯に食べたい!という強い思いでやってみました。

(先日は、夜のうちに焼けてしまって、そうすると、そのまま食べてしまうので)

本当は、低温長時間発酵には、もっとお砂糖を入れるようにとのことだったのですが、シンプルなバケットがよかったので、少し控えめにしました。

味的には甘さも感じなかったので、この配合で、今後も作ります。

次は、リッチな食パンも同じように、冷蔵庫発酵できちんと焼けるか試してみたいと思っています。

パンブログを書いている皆さんは、本当に写真も綺麗で感動しますが、私は、本来ぶきっちょですし、分割ももう最近、計っていないしやらで、恥ずかしい限りですが、これがいつもの姿ですと開き直って、載せさせていただきました。

味は美味しいんですよと申し添えます。

 

www.madameokami.net