女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

阿部勘の秋のお酒さざんかは、やはり上等な食中酒です。

久しぶりに日本酒の記事を書きます。

緊急事態宣言が解除となってやっとお客さまにゆっくりお酒を楽しんで戴けるようになりました。

秋のお酒は、日本酒ファンには待望のお酒だったりするので、喜んで飲んでくださっていて、こちらもお出しできて嬉しい限りです。

今日は、こちらをご紹介します。

f:id:madameokami:20211103123725j:plain

 

阿部勘 純米吟醸 さざんか

宮城県塩竃市の阿部勘酒造さんの阿部勘

真っ赤で随分とシンプルなラベル、と思っていたら

f:id:madameokami:20211103124039j:plain

はがすところがありました。

そして、こんなに綺麗な絵が描かれていたのです。

f:id:madameokami:20211103124123j:plain

宮城県の画家さんが描かれたそうです。

さざんかは、秋から冬にかけて咲く花で、困難に打ち勝つという花言葉があるそうです。去年に引き続きの登場です。

お米は、宮城県産の蔵の華と宮城県産のササニシキを使っているようです。

 

飲んでみました。

味わい

香は、それほど強くなく、口に含むと若干とろんとしますが、甘ったるさはなく、かすかな余韻を残し、すっと消える感じでした。

合わせてみた肴

さわら塩焼き

f:id:madameokami:20211103125019j:plain

脂ののったさわらを塩焼きしました。

お魚を食べて、こちらのお酒を飲むと味がふくよかに感じられました。

葉玉葱の塩炒め

f:id:madameokami:20211103125147j:plain

葉玉葱をささっと炒めて、塩で味付け。

シンプルですが、しっかりした味わい、そんなお料理にも負けないお酒ですが、負けないと言っても勝つわけでもなく、ちょうどいいくらいです。

あぶ玉

f:id:madameokami:20211103125556j:plain

我が家で人気のメニュー、油揚げの玉子とじです。

お出汁をしっかり感じる美味しい一品、勿論、お酒にもぴったりです。

カニカマサラダ

f:id:madameokami:20211103125648j:plain

お酢とマヨネーズを混ぜてドレッシングを作ってかけたのですが、こういうマヨネーズ系の味にも合いますし、口の中がサッパリする感じです。

白舞茸ととろ茄子の炒め物

f:id:madameokami:20211103125915j:plain

白舞茸はお醤油味だけでも美味しかったのですが、とろ茄子はきっと合う、と思い、ちょっと甘いお味噌をつけて食べてみました。

そんな味噌味も、このお酒と一緒だと味に丸みが出るような感じがしました。

まとめ

お酒自体をしっかり味わうには、お刺身やサッパリした前菜が良いと思いますが、どんなお料理にも合う万能なお酒に思えました。

さすが阿部勘さんですね。

お酒自体は、控えめで主張すぎない、でもお料理にぴったり、そんな阿部勘さんは、やはり上等な食中酒だなぁとしみじみ実感しました。