女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

牡蠣と生海苔のグラタン、第二弾やってみましたが、なぜが失敗に。

先月、牡蠣と生海苔のグラタンを作ったら、とっても簡単な割に、とっても美味しかったので、また作りたいと思っていて、今回、牡蠣を買ってきたので、やってみることにしました。

そして、もともとのレシピは、ペンネなどのパスタを入れるのですが、もっと軽い仕上がりにしたいと思い、長芋をパスタのかわりに入れて作ってみることにしました。

牡蠣と生海苔のグラタン、第二弾やってみましたが、なぜか失敗に。

手順

1.フライパンにバターを溶かし、みじん切にしたにんにくを炒めて、香を出します。

 

2.そこへ、生クリームを入れて煮込みます。

 

3.生海苔も加えて、少し煮詰めます。

 

4.長芋は、皮を剥いて、適当な薄さに切って、下茹でしておきます。

 それを3.へ入れて、混ぜます。

 

5.そこへ、牡蠣も加えて、軽く煮て、塩・胡椒で味付けします。

 

6.耐熱皿に流し込みます。

 

7.上にチーズをのせて、約230℃のオーブンで約10分焼きます。

 

焼き上がり!

一度、オーブンから出してみたら、まだシャバシャバだったので、再度、焼いてみたのですが、あまり変わりませんでした。

味は美味しいのですが、これではグラタンという感じではない、と思いました。

 

前回は、ちゃんとできたのに、今回はなぜ?ということで、前回と違うところを考えたら、パスタの変わりに、長芋を入れているところと、今回の生クリームがいつもの動物性ではなく植物性を使っていたというところでした。

やはり植物性だと、とろみがつかなくて、サラサラしたままなのか、と思い、手直しすることにしました。

続き

今度は、動物性の生クリームを煮詰めて、残りのソースと一緒に器に入れてみました。

 

牡蠣が残り少なくなってしまっていることもあり、女将弁当で作った残りのはんぺんクネルを具材として入れてみました。

これをオーブンで焼きます。

焼き上がり!

こんな風に焼きあがりました。

そうです、またしてもアヒージョのようになってしまって、グラタンぽくは仕上がりませんでした。

残りの植物性生クリームも混ぜてしまったのが意味なかったのでしょうか。

こうとなったら、アヒージョとして食べることにして、パンもスライスしてトーストし、一緒に美味しくいただきました。

考えられる原因

長芋の水分が出てしまった。

植物性の生クリームでコクが出ず、とろみもつかなかった。

前回と違うのがこの部分なので、前回成功していて、今回失敗したというのは、このあたりしか原因がわからないのですが、次は成功させたいので、少しだけ小麦粉も使ってしっかり仕上げてみたいと思います。

あっ、とにかくお味は美味しかったです。グラタンではなく、アヒージョとしてだったら、とっても美味しくワインにぴったりな味でした。