女将の食卓

恵比寿の和食屋の女将が、普段の食卓からお役立ちのポイントをお知らせします。

宮城県塩竃市の阿部勘の秋のお酒「まねき」はラベルが個性的です!

こちらの酒蔵さんのお酒、阿部勘は、昔からよく買っていて、季節季節のお酒も飲んでいます。

全体的に、華やかというより、食中酒という感じのものが多いイメージですが、どれも美味しいお酒です。

今回、見たことのないお酒があったので、買って、飲んでみました!

阿部勘 純米吟醸 まねき

宮城県塩竃市の阿部勘酒造さんの阿部勘

 

宮城県産の蔵の華(麹)と宮城県産のササニシキ(掛)で作られているようです。

それで、よくよく読んでみたら、昨年のサザンカと同じ造りで、今回、ラベルをまた変えたとか。

まねき猫は、右手をあげていると、金運を招き、左手は、人を招き寄せる、と言われているらしいです。今回、この左手、人を招いてくれるんですね。

 

飲んでみました!

味わい

はじめさらっとした喉ごしで、後からお酒の強さを感じます。

食中酒というイメージとはちょっと違ってきた感じです。

 

合わせてみた肴

コロッケ

 

意外と合うはず!と思ったのですが、お酒の強さというか、アルコールを感じてしまい、ダメでした。

 

お刺身

こちらは、お酒の味がしっかり、きれいに感じられました。

先ほど、がつんと感じたお酒の角がとれた感じがしました。

 

じゃが芋のグラタン

いつもチーズと日本酒を合わせるのが楽しいと思うのですが、今回、アンチョビも入れたグラタンだったからか、お酒の味がサラサラとかなり印象が薄くなってしまいました。

きのこの柚子胡椒炒め

これ、女将弁当の試作で作ってみたきのこの柚子胡椒炒めです。柚子胡椒の香でお酒のフルーティーさも出てくるようで美味しかったです。

煮卵

茹で卵をめんつゆに漬けておいたそれほど濃くない煮卵ですが、卵の味がしっかりわかり良い感じでした。

 

お浸し

お出汁を感じる優しい味わいのお浸し。優しいお料理には、お酒も優しい味わいに感じて美味しかったです。

 

まとめ

今回、思ったより(いつもの阿部勘より)強いお酒に感じました。

強いお料理には、お酒の強さが際立ってしまい、合わないというほどではないものの、お酒を一番美味しく感じられるのは純和食のようなおかかを感じられるものでした。

もともと阿部勘さんは、鮪などのお刺身に合うお酒を作っていると聞いたことがあるので、それだからでしょうか。

このお酒を味わいたいとき、お酒を感じながら飲みたいときは、お刺身、お浸し、煮卵、お薦めです。

 

ちなみに、前回はこんなことを書いていました。

 

www.madameokami.net

 

やっぱりおつまみが違うと、また違った印象ですね。